知って得するクレジットカード情報

知ってて良かったクレジットカードあれこれ

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の本当の見極め方

クレジットカードについてインターネットなどで調べてみると、「海外旅行のときに有利.......」、といろいろなサイトで見かけます。確かにその通りで、クレカを持っていれば何かと役立つことは間違いありません。

 

ただ、そんなサイトを眺めていると、クレジットカードのサービスで付帯する海外旅行保険について気になる記述が。「死亡補償は最大1億円だからお得!しかも無料で付帯されます!」・・・・・

 

、とのような煽り文句があるのです。しかし、この件に関しては同意しかねます。ということで、まずは、クレジットカードに付帯する海外旅行保険の真実、上手な見極め方を紹介しようと思います。

 

 

付帯する海外旅行保険を上手く使うために

 

海外旅行保険を上手に使うためには、単純に保険内容をよく理解することです。例えば、先に記載したような「死亡保障が最大1億円」.......

 

というような謳い文句。本当に必要ですか?ということです。以下に、クレジットカードの付帯保険の補償額、そして、生命保険との比較。

 

更に、クレカの付帯保険、生命保険の両保険に加入した状態での補償額についてまとめてみました。是非、参考にしてくださいね。

 

最大額を貰えることは "ほぼ" ない

どうしても、最大1億円というところに目が行ってしまいますが、あくまで最大補償額の意味。平たく言えば、相当な条件が揃わなければ、この額を貰えることはありません。

 

むしろ、がっかりする額の場合がほとんどなので、過剰な期待をしないほうが正解かもしれません。

 

生命保険の方が優れている?!

ちなみに、生命保険に加入して死亡補償がある場合というのは、むしろクレジットカードの死亡補償は考えないでよいでしょう。それほど、サービスの質の違いがあるからです。

 

専門としている保険会社の方が、高い品質で提供してくれることは当たり前のことですからね。

 

両保険に加入した状態で死亡してしまったときの補償額は?

両方とも加入した状態で、海外旅行中に死亡してしまった場合.......。補償額は、生命保険とクレジットカードの海外旅行保険が合算された額になるわけではありません。

 

場合によっては、合算されることがありますが、多くの場合が「折半」となります。例えば、両保険とも死亡保障が1億円だった場合は、2億円の補償ではなく、5,000万円ずつが各社から支払われます。

 

 

注目すべき3つの補償とは?本当の見極め方・3選

 

上記で説明した通り、実際のところクレジットカードに付帯されている海外旅行保険とは、以外と穴が多いものなんですね〜。

 

確かにカードの種類によっては、付帯していて良かったーというような便利な補償もあるので、一概には言えないところもあります。

 

ともあれ、海外旅行のためにクレカを発行するとき、注目すべき補償内容を以下に紹介します。ここを抑えておけば、有用に利用できると思います。

 

治療費に関する補償

海外での治療費事情は、日本とは全く異なります。例えば、アメリカでは、ちょっとしたケガや病気の治療でも、大金を支払わなければならないことがよくあるということは有名な話.......。

 

クレカの治療費補償は、一般的に200万円程度が目安になります。普通に考えれてみれば、「200万もあれば十分」と感じるかもしれませんが、実は不安が残る額なのです。

 

風邪をひいてしまい、診察、処方ぐらいであれば問題ありませんが、もし仮に、救急車で運ばれて大規模な治療・入院となってしまった場合は、間違いなくこの額では足りません。

 

そのため、少しでも治療費補償が高いものを選ぶようにすることが、かなり重要といえます。

 

荷物の損害に関する補償

海外旅行で、よく耳にするトラブルといえばロストバケージ。要は、空港で荷物がなくなってしまうトラブルのことです。このような損害に対する補償が、意外と付帯していない場合があります。

 

結果、付帯保険を見極めるときには、荷物損害の補償があるか?を1つの指針にするとよいです。

 

飛行機などの欠航時に関する補償

ロストバケージと共に多いトラブルが、飛行機など移動手段の欠航です。欠航になってしまえば、新たなチケットを入手したり、その日に泊まる宿探しなどをしなければいけなくなります。

 

さて、こういった場合に泊まる宿の代金は誰が支払うかをご存知でしょうか?新しいチケットについては、航空会社が対応してくれることが多いですが、宿泊代金については、実は、自腹なのです。

 

このとき役立つのが、欠航時の補償です。補償額としては、基本的に1日につき数万円といった場合が多いですが、一般的なホテルであれば問題ないぐらいの額が補償されます。

 

荷物の損害補償と同様に、クレジットカードによっては補償してくれない海外旅行保険も多いですからね。クレジットカードを選ぶ際には、併せて判断基準にするとよいのではないでしょうか。

 

これを見て海外付帯保険が不安に感じたら…?

 

もしかしたら、先の文章をよんで「実は海外旅行保険って使い勝手が悪いのでは?」と感じたかもしれません。そういった方は、専門の保険。

 

また、クレカのランクをゴールドカードに上げるなどの対処方法があります。付帯する保険はあくまで「無料サービス」ですからね。

 

そのことを念頭におき、付帯保険の補償内容をしっかりと理解して利用することが、クレジットカードを見極める1つの方法といえます。

 

関連サイト

クレジットカードはどこがいい →クレジットカードに関する情報が満載。

 

審査の甘いクレジットカード徹底比較 →審査の甘いクレジットカードについての情報。

 

クレジットカード豆本 →クレジットカードの情報がぎっしりてんこ盛り。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ